寺谷春のプロフィール

人材育成が本業のメンタルコーチです。

こんにちは。メンタル変革コーチの寺谷です。

私は本業で人材系企業において、日々人材育成の仕事をする傍ら、
パラレルキャリアとしてメンタルコーチをしています。

本業で人材育成という分野で企業に向けた価値を提供していく中で、
企業や組織ではなく、個人としての変革にも寄り添いたいという想いから個人に対するコーチングを始めました。

就活時期に相談に乗ったのがコーチングを始めるきっかけ

もともと人から相談を受けるタイプの人間では合ったのですが、
就活生時代に色々な方から”自分のやりたいことは何なのか?””自分の強み・弱みはなんだろう?”というような相談に応える中で、

  • 相談してくれた同級生が自分のしたいこと、やりたいことに気づき、自分らしい人生を送れるようになったり、
  • 対話の中で、自分のメタ認知が進み、内省的に自分の強み・弱みを把握できるようになったり、
  • 自分のエピソードをより深く捉え直し、他の人にとって魅力的な話し方ができるようになったり、

などなどを経験したことで、人の成長に寄与できる人材開発系企業への就職を決めました。

人が変わる瞬間や、人の内省的な理解が深まる瞬間が美しい。

自らを省み、メタ認知が進み、より高次元の世界へ進む彼・彼女らのサポートが楽しい。

そして、その結果として、彼・彼女らの現実が変わっていくのが幸せだったのです。

8連続1次面接落ちだった友達が、コーチング後にトントン拍子で選考が進み内定を取れたり、
留年が決まって零細企業から内定取り消しを受けた後輩が、コーチング後に超一流企業に内定を取ることができたり、
というように現実が変わっていくことで、コーチングの凄さを感じたのです。

こんな就活時代の経験から、コーチングや心理学に精通して、人が変わるサポートをしたいという強い想いを持ったのです。

コーチングとして関わるだけでは本質的には変われない?

コーチングを仕事にしたい、人が変わるサポートがしたいという想いを持ったものの、右も左もわからなかったため、
初めのうちはコーチングに関する本を買いあさり、セミナー等にも通いました。

また、本業が人材系の企業であることもあり、業務の中でも人に関することを学ぶ機会は非常に多かったと想います。

上記のような経験から、コーチングの知識はどんどんと増え、友達や友達の紹介などで、コーチングの実践経験もたくさん積むことができました。

そんな中で、コーチング自体にふつふつと疑問を持つことになりました。

コーチングにより内省的になったり、引き出すことにより気づきを生み、クライアントは変化に満足してくれますが、
就活のときに感じたダイナミックな現実の変化がコーチングに伴わなかったのです。

コーチングをしているだけでは、人の現実は変わらないのではないか?
人の現実を変わるには他の方法もあるのではないか?

そんな思いを持ち始めました。

コーチング×ティーチングが本質的かつ爆速の変化を生む

コーチングの原則は、”答えは相手の中にすでにあり、引き出すものだ”というものがあります。

引き出す力の凄さは私自身も何度となく体感していますし、問いかけ対話をすることで彼・彼女ら自身が気づき変化していくことも体験しています。

ただ、引き出すだけでは、現実が変化するスピードがかなり遅いという問題があったのです。

もともと私が就活生を支援をしていた際に起こしていた変化は、

コーチングとして引き出すという側面はもちろんあるものの、
もう一方として、ある程度のティーチングを通じてレベルを上げるという側面も含まれていました。

例えば、彼・彼女らが自分の強みだったり弱みだったり、自らの経験を内省的に振り返るということは、
コーチングの引き出す力によって実現できますが、

強みや弱みをうまく伝えたり、内省的な振り返りを面接官の視点から優先順位をつけるなどといったティーチングの領域までアドバイスしたことで、

彼ら、彼女らの現実が変わり、内定を手にしたのだということに気づいたのです。

つまり、コーチングによる引き出す力だけでなく、ティーチングの要素の道筋をある程度示すということも、
変革を起こすためにはかなり重要なファクターであることに気づいたのですね。

例えば、世界における著名なスポーツのコーチなどは、コーチング(引き出す力)も持っていますが、ティーチング(道筋を与える力)も持っています。
署名なスポーツのコーチが競技を全く知らなければ、選手に対して本質的な変化を起こせるはずがありません。

そんな経験から、私は本質的な変化を起こすことを目的とするため、コーチングだけでなく、ティーチングにも力を入れているのです。

幅広い分野をがむしゃらにコーチング×ティーチングで変革を創り出しました

コーチングだけなく、ティーチングにも力を入れなければ、本質的な変化は起こせないと思い立ってから、
クライアントの抱える課題や目標に対して、私自身も深く理解し、戦略を練ることを目指しました。

ダイエットについての悩みであれば、栄養学や体の構造やカロリーに対しる本を読み漁ったり、
就活の相談であれば、就活の本や面接の録音を聞いて分析を繰り返したり、
副業を始めていきたいという思いの方のために、副業について様々な方法を学び、その人にあった副業及び進め方を練ったり、
自分の事業の方針に悩んでいる方に、その業界やビジネスモデル、最新のトレンドなどを取り入れコーチをした経験もあります。

コーチ×コンサルタントのような立ち位置で、様々な人の課題を解決する中で、色々なことに詳しくなれました。
また自分自身の未知の領域をより早くキャッチアップして提供する自信にもなれました。

そんな努力も報われて、ほとんどの方が実際に現実に変化を起こすことができました。

  • ダイエットしたい方には、リバウンドをせず健康的な形で体重が減少していったり、
  • 就活で悩んでいる方には、面接で落ち続けた人が、最終的には第一志望の会社に就職できたり、
  • 転職に悩んでいる方には、そもそも転職をすべきなのかどうかについて整理をして、納得のいける決断のサポートをしたり、
  • 副業をしたいという方には、副業で実現したいことや自分自身の経験や強みを整理して、ビジネスモデルを作って伴走したり、
  • 実家の家業を継いで悩んでいる方には、新規事業のサポートをして0から売上を立てたり、

などなど様々な変化を起こすことができました。

あまりにも多種多様な分野を手がけるので、
メンタル系の相談をしてきた方に対して、最終的に副業関連のコーチングをしたら、
「寺谷さんは一体何者ですか?守備範囲広すぎて怖いです笑」と言われた経験もあります笑

エビデンスのある心理学×コーチング=あなたを本質的に変えるメンタルコーチ

このメディアはそんな様々な分野の中でも私自身が得意であるメンタルコーチングに限って発信をしています。

メンタルや心理について学んでいるときは非常に楽しいのですよね。個人としても人のこころを扱うのはワクワクします。

ふとしたときに、心理学の論文だったり、ニュースを見ているほど好きです。

このメディアでは心理学の論文などから理論やエビデンスをまとめながら、
実際に提供するコーチングでは引き出しながらも、理論やエビデンスを基にしたティーチングを実践しています。

自己啓発のようなメンタルコーチではなく、
本質的な変化を起こし、現実を変えるコーチです。

アドラー心理学や認知行動療法などの心理学の基礎的な理論の理解はもちろんのこと、
NLPなどの少しニッチなテーマについてもキャッチアップしています。

様々な方面からの理論・研究を、クライアントに合った形でアレンジをするので、
あなただけのオリジナルなコーチング×ティーチングとなっています。

ご相談はLINEやメールにて受け付けているので、
お気軽にどうぞ。

terataniharu@gmail.com

寺谷春のプロフィールはこちら    相談もお気軽にどうぞ。