森林浴はストレスや集中力向上のメリット/効能がある(画像をみるだけでも効果あり?!)

森林浴をすることで、ストレスが軽減されてパフォーマンスが上がる

木を眺める—例え都会の中であってもストレスを軽減し、気分を高める効果があるとされています。

また、さらに密集された木であるとより高い効果が見られると言われています。

ある研究で、スピーチの準備や審査員の目の前で数学の勉強をさせるなどの課題で人々にストレスを与え、さらにその後、彼らに360度の風景ビデオを見せました。

そのビデオには、木や自然が全くないものから、画面の70%を木や自然が占めるものまで様々なビデオを用意しました。

結果として、木や自然がより入っているビデオをみた人は、ストレスの高い課題をより早く終えることができたのです。

このような研究結果から、木や自然をより多く取り入れることによってより、集中力やストレス緩和などの高い効果が得られる薬のような役目を果たしているのかもしれないと論文では述べられております。

森林浴という概念は日本特有のもの?!

ここからが面白いのですが、木や自然をみたり感じたりする行為を、日本語でなんといいますか?

・・・

思いつきましたか?

森林浴と呼ばれていたりしますよね?実は英語圏などでは、森林浴にあたる言葉がないそうです。

このような木や自然を取り入れることによる効果には名前がついておらず、

名前がついていないので、あまり知られていないのである。

とのこと。たしかにばちっと決まる名前がついていると、拡散しやすいですよね。

森林浴って単語がないと考えると、「あのー、木とか自然とかをみたり感じたりするやつですー」って回りくどいことを言わなければなりませんものね笑

日本人は精神面における健康促進のために森の中を歩くのを大変好む。

これは、まさしく森林の中に浴するという意味から「森林浴」と言われるのだが、ある日本の研究家によると森林浴には激しいストレスを持つ人により効果がみられる、とされている。

ストレスの高い方(498人)を対象とした研究では、森林浴により活気を得るのと同様に敵愾心やストレスが軽減されたとの結果がでています。

日本の研究においても森林浴は活気を得たり、ストレスを軽減するのに役立つとのことです。

しっかりまぁ、森林浴という言葉が存在するあたり、日本語って素敵な言語ですね。

木や森が近くにない場合は、PCやスマホのデスクトップ画像を森に変えてみよう!

木が近くにない場合は、海であっても同じ効果があると最近の研究により証明されています。

また、都会に住んでおり、忙しくなかなか自然に足を運ぶ機会がないという方は、パソコンのデスクトップやスマホの画面の画像を森に変えてみてください。

仕事で行き詰まったときなどに、自然などの風景のデスクトップを眺めると、ストレスなどが軽減し、集中力なども上がっていくことでしょう。

デスクトップ画像を変えるだけで効果があるのですから、ぜひやってみてくださいね。

ちなみに私のデスクトップ画像は自然ではなく動物(猫)です笑

ABOUTこの記事をかいた人

性格/思考変革コンサルタント。認知行動療法、行動科学、コーチング等を専門の分野としながら、エビデンスや心理学に基づき個人の性格や思考を変えていくことのプロフェッショナルです。自身が内向的な性格なこともあり、特に内向的な性格を持つ方の変革を得意にしています。