幸福度が最も高くなる年収は600万~700万、人生への自己評価が最も高くなるのは年収950万

最も幸福感を感じる年収は、6万ドル~7万ドル(600万~700万)

新たな論文にて、最も幸福感を感じる年収は、6万ドル~7万ドルであることがわかりました。日本円にざっくり直すと、600万から700万くらいでしょうか。

この水準以上の年収となると、不思議なことに幸福度は下がります。

これは昔からの研究で結構言われていて、幸福度は日本円でいうと年収650万前後から変わらないなんて結果が出ていますよね。

人生の自己評価が最も高くなるのは年収950万

この研究では幸福度だけでなく、生活に関する満足度についても調べています。

生活に関する満足度とは、目標や他人と比較して自分の生活の満足度を測定する際の尺度です。つまり自分自身の人生の自己評価みたいなもんですかな。

こちらの生活満足度については、9万5千ドルとなっており、実際に幸福を最も感じられる水準より2万~3万ドル高い結果となっています。

整理するとこんな感じ。

幸福感=自分がどのくらい幸福であるかの尺度。自己評価がどうであれ、幸福であれば、高い数値がでる尺度。

生活満足度=自分の人生にどれくらい満足をしているかという尺度。仮に幸福であっても、自分の人生に満足していない人はもちろんいる。

しかし、一年に9万5千ドル以上稼ぐと、人生の満足度が低下し始めることがわかっています。

Andrew教授は研究の中でこんなことを言っております。

我々は広告などで私達が幸福になるためのお金が際限がないような表現をするでしょうが、幸福とお金の関係性についてはいくつかの閾値があることがわかりました。

理想的な収入については、自分自身の人生を最も評価できるポイントが9万5千ドル、感情的な幸福を得られるのは6万~7万5千ドルであることがわかりました。

とはいえこれは個人についての結果なので、家族単位で考えれば高くなる可能性もあります。

ちなみにこの研究は164カ国170万人のギャラップ世界世論調査をソースとしております。

ギャラップといえばストレングスファインダー(強みを見つけるアンケート)で有名な会社ですので、かなり信憑性のある研究なんじゃないかと思っております。

さらにjebb教授はこのように述べています。

お金を稼ぎすぎると、個人の日常で感じる幸福度だけでなく、他の人々と比較することによる影響も考慮しなくてはなりません。

より多くのお金を稼ごうとすると、幸福や人生の満足度を下げる可能性も示唆されています。

つまり、お金を稼ぎまくると、他人はどうなのだろう?他の人より自分は豊かなのだろうか?などと考え始め、幸福度が逆に下がってしまう現象が起きてしまいます

たしかに日本においても、お金持ちであっても同じお金持ちの中でくだらない見栄の張り合いをしている方々もいらっしゃいますね。

幸福は”他人と比べる”のではなく、”自分自身で決める”ものなんですな。

まぁ、言うは易し行うは難し。瞑想やヨガなどにて今に集中する能力や、セドナメソッド等によって感情を手放したりする練習が効くかもしれません。

寺谷春のプロフィールはこちら    相談もお気軽にどうぞ。   

ABOUTこの記事をかいた人

性格/思考変革コーチ。認知行動療法、行動科学、コーチング等を専門の分野としながら、エビデンスや心理学に基づき個人の性格や思考を変えていくことのプロフェッショナルです。自身が内向的な性格なこともあり、特に内向的な性格を持つ方の変革を得意にしています。 https://dialog-coach.link/profile/