明日から簡単に実践できる人に好かれる確実なたった一つの方法/テクニック(自発的特性転移)

あなたは人から好かれるためにはどうしたらよいのだろうと悩んだことはありますか?

私はもともと内向的な性格なであることもあり、今までの人生で人から好かれるためにはどのような方法をとったらいいのだろうと悩んだ時期もありました。

そのような悩みからエビデンスや心理学を重視したこのサイトを運営しているのですが、
今回はエビデンスに基づいた人に好かれるための簡単な方法をご紹介いたします。

ちなみに私はこの方法を実践してから、勝手に相手が自分にいい印象を持ってくれるようになりました。
私自身がこの方法の威力を実感しておりますし、とても簡単な方法なのでぜひ明日から実践していくことを強くおすすめします。

劇的に急に変わるわけではないですが、続けると徐々にボディブローのように効いてくる。そんな方法です。

心理学研究から明らかになった人にすぐ好かれるための簡単な方法/テクニック(自発的特性転移)

友人との会話でその場にいない他の人のことを良く言うことで、話し手自身にポジティブな影響を与えることが、ある研究によって明らかになりました。

例えば、あなたが誰かのことを誠実で優しい人だと紹介すれば、それを聞いた人は話し手であるあなた自身を誠実で優しい人間だと感じることになります。

つまり、あなたが他人に対して言った褒め言葉が、あなた自身の印象を高めることに繋がるのです。

会話をしている相手に自分のことをもっと好きになってほしいと思ったら、そこにいない第三者について褒めれば良いのです。

逆にいうと、他人の悪口はネガティヴな印象をもたらします。誰かの悪口を言っていると、相手はどこかで自分も悪口を言われているのではないかと感じ、結果的にあなたの印象を悪くするのです。

自発的特性転移とは?

心理学者は、この現象を「自発的特性転移」と呼びます。

自発的特性転移の効果は非常に大きく、仮に他人を褒めた相手が性格が良くない人だと知っている場合にさえ、いい影響を与えるのです。

つまり、誰からみても嫌なやつでさえ、他人のいないところで他人を褒めると、嫌な奴なのにも関わらずいい人のように思えてくるのですね。

試しに、「私は素晴らしい人間で、私の友人はそれをよく知っている。」と声に出して言ってみます。
そして、誰かのことをズルくて嘘つきだと話してみます。するとそれを聞いている人は話している私自身のことをズルくて嘘つきだと感じるのです。

仮に私がずるくて嘘つきではないことを知っている場合でも嘘つきと感じるのです。

他人を褒める人はポジティブでいい人に見えるし、他人を批判する人はネガティブで嫌なやつに見える

この研究論文の著者はこう書いています。

「他人を批判するその人にネガティブな性格を投影するという単純な傾向だけでなく、他人を褒める人がポジティブな性格であると感じるという側面もあります。

つまり、他人について何かしらの説明することで、説明者自身にその性格が刷り込まれると考えられています。」

この結果は、4つの研究から導き出されたもので、その研究には被験者として数百人の人が関わっています。

被験者は、ある人が自分や自分の知人について話しているビデオを見せられます。その結果、被験者は、話し手が説明していた人の性格を、話し手自身に投影するのです。

つまり、他人を褒める人には、褒められている内容が話して自身に返ってくるという現象が起こるのです。
「彼は誠実なんだよね」と言及することで、自分自身も誠実だと思われるのですね。

誰かについて褒めることがないなら、その人について話してはならない

研究論文の著者はこう結論づけています。

この結果から、噂話やその他の社会的会話は、その話し手に対して、時に意図しない、驚くべき刷り込みを与えると言えます。

従って、この研究は《誰かについて何も褒めることがないならば、何も言ってはいけない》という決まり文句を裏付けるものでしょう。

また、自己表現者をする者は望ましい性質・属性を、その望ましい性質を持つ人について話すだけで手に入れることができる、ということも示唆されます。

その人に対して何か話そうと思ったときは、いつも立ち止まって考えてみてください。それはその人を褒めていることでしょうか?

褒めている内容であれば、その人に対してたくさん話すべきですね。褒めれば褒めるほど、自分に対していい影響が返ってきます。

逆にその人を貶したり、ネガティブな内容であれば、逆にネガティブに言えばいうほど、自分に対して悪い影響で返ってきます。

居酒屋で悪口を散々いう人もいますが、基本的には悪口は言わないほうがいいでしょう。悪口を言えばいうほど、自分に悪影響で返ってきます。

誰かに対して言及するなら褒めること縛り。これを実践してみてください。続けてみると驚くほど変わっていくことが実感できると思います。

悪口を言いたくなってしまうときは、家族や親しい人やクローズドな環境で発散してください。決して信頼関係があまりできていない人の前で誰かの悪口を言ってはいけません。


エビデンスや心理学を元にした人生に役立つTIPSを提供しています。ご興味があればぜひ合わせて読んでみてください。

恋人や夫婦の関係改善には”感情的なサポート”を意識し実践しまくるべし(逆に情報提供型ばかりだと女性は鬱になる)

【行動分析学第2回】部下が積極的に行動するようになる!?好ましい行動を増やす<好子>の活用/強化/消失

内向的な性格と社交不安障害の違いと克服するための3ステップ

 

寺谷春のプロフィールはこちら    相談もお気軽にどうぞ。   

ABOUTこの記事をかいた人

性格/思考変革コーチ。認知行動療法、行動科学、コーチング等を専門の分野としながら、エビデンスや心理学に基づき個人の性格や思考を変えていくことのプロフェッショナルです。自身が内向的な性格なこともあり、特に内向的な性格を持つ方の変革を得意にしています。 https://dialog-coach.link/profile/